リスクの回避|不動産投資セミナーで知識を身に着ける|空室対策について考える
ウーマン

不動産投資セミナーで知識を身に着ける|空室対策について考える

リスクの回避

男性

マンション投資は稼ぎやすいビジネスといわれていますが、経営方法や投資の方法を間違えるとリスクが大きいのも真実です。ノウハウを学んでも失敗することのあるマンション投資だからこそ、失敗しないためにもリスクについて把握しておくことが大切です。マンション投資の失敗事例としてもっとも多いのが空き室リスクに対応できなかった時です。空き室リスクとは、マンションに入居者が来ず、長期間入居者が不在の部屋があることです。そうなってくると収益は手に入らない他、管理や維持費だけにお金がかかるため、マンション投資を続けることも難しくなってきます。マンション投資で失敗しないためには空き室リスクをどのように回避するのか把握しておくことが大切です。空き室リスクの回避方法としては、立地条件のいい物件を選ぶという方法や、経営方針を変えて家賃設定を変更するという方法があります。

マンション投資の失敗例の一つには家賃滞納リスクによって失敗したという例もあります。家賃滞納リスクとは、入居者が家賃を支払わず長時間家賃を滞納した際に起こるリスクです。空室が少ないマンションなら、家賃滞納リスクが少数あってもかなりの影響が起こることはありません。ただ、空き室が多いマンションにとって現在の入居者から家賃が取れないことは、収支がマイナスになることにもつながってきます。それを防ぐためには、管理会社に家賃の建て替えを行ってもらうという対策方法もあります。マンション投資にはあらゆるリスクがあり、失敗する可能性もあるということも把握しておきましょう。